ケーススタディ

著名なインターナショナル・ネットワークベンダー

ヘイワースは、世界的に有名なネットワークベンダーより、モバイル技術革新をリードする同社のイメージに相応しいスタイルへとシンガポールオフィスを作り変えるためのデザイン改装をご依頼いただきました。限られた予算と期間の中で、ヘイワースはわずか8週間の間に160名の従業員に対応可能な素晴らしいソリューションの提供に成功しました。このネットワーク業界大手は、業界をリードする自社イメージをオフィス内で体現するためにオフィスインテリアに最新のテクノロジーを取り入れることを希望していました。そこでヘイワースは、柔軟性の高い作業スペースから人間工学を採用したタスクシーティング、会議室、コラボレーションのインテリアまで、フロア全体のソリューションを提供しました。

ロケーション

シンガポール

ソリューション

Intuityワークステーションは、多様なワークスタイルに対応しながら、創造性と革新性を発揮できる究極の環境を実現するための革新的なワークスペースソリューションです。集中して仕事をするためにIQ PodやOpenestはオフィスの喧騒から離れた静かなスペースを提供し、一方でAP Planesのテーブルはコラボレーションをサポートします。

Very、Fern、X99タスクシーティングは、従業員が快適な座り心地を一日中実現する最適なチェアを見つけることができるよう、多様な選択肢を提供しています。クライアントに対面するスペースや休憩エリアにはChick Poufラウンジチェア、Sushi、OrangeboxおよびMatzformソファをMariaサイドテーブルと組み合わせて採用し、企業価値を反映しながら最先端かつ革新的なスタイルを作り出しています。