ケーススタディ Office.One

アルテ・クライダーカッセ ビル

アルテ・クライダーカッセビル(旧制服店)はハンブルグのアルトナ地区にあります。この地区は、ハンブルグの中心地に近く交通の便も良好で、魅力的でモダンな地域です。近くには様々なレストラン、カフェ、店舗があり、都会の生活を楽しめます。クライアントのOffice.Oneは、このアルトナ地区の雰囲気を反映し、仕事と人を現代的な方法で結びつけると同時に、歴史的建造物の魅力を活かせる空間を創造するというアイデアを膨らませていました。かつて鉄道会社の制服の保管場所として使われていた、この19世紀に建てられたレンガ造りの指定建造物は、このアイデアを実現するには最適でした。往年の日々を彷彿とさせる、天井が高く広く明るい部屋、工業用の大きな窓、自然光がたっぷり入るギャラリー、レンガ造りの壁、スチールドア。Office.Oneとヘイワースは、このような特徴が醸し出す特別な雰囲気を大切にし、革新的なインテリアデザインに活かしました。

ロケーション

Hamburg, Germany

プロジェクト仕様

協働スペース

デザイン会社

DGEGO Architects, Hamburg

Office.Oneはこれまで専門ディーラーとの取引しかしておらず、メーカーと直接取引できる新たなパートナーシップを模索していました。同社の希望は、より専門性が高く、コストが削減でき、プロジェクト全体のニーズを満たすことができるような総合的な提案ができるパートナーを見つけること。そこで建築家が推薦したのがヘイワースでした。

非常に短期間で、クライアントと建築事務所とのやりとりを重ね、空間にマッチした素材を選び、印象的なプロジェクトを創り上げるのは刺激的な挑戦でした。