私たちの大半は、それぞれのワークプレイスを3月に後にし、再びオフィスへ戻る時期は未だ定かではありません。

新たな同僚(配偶者、子供、ペット)、チームとの連携の維持、ワークアクティビティやビジネスをバーチャルかつリモートな環境で行う等、在宅勤務がもたらす新たな環境に順応してきました。自宅学習、食料品の買い出し、必要な(またいくつかの不必要なものも含む)サービスへのアクセスといったものに苦労してきました。もちろん家族との時間を楽しむ一方で、私たちは自身のコミュニティを懐かしく思っています。

ソーシャルディスタンスのルール、健康、安全への懸念が高まっています。私たちが実際にオフィス環境へと戻った際、個人の交流、バーチャルなコラボレーション、幸福度のバランスはどのようにして見つけたらよいのでしょうか?

オフィスへ戻った後、ワークプレイスは短期、中期、長期的に見てどのようなものになるのでしょうか?

ダウンロード(すべて英文資料)

新しい日常をナビゲートする

企業は導入すべき短期的および長期的なワークプレイスの変化を理解しようと模索し、その範囲は施設ニーズから作業ローテーション、従業員の継続的職場復帰等多岐にわたります。私たちはCOVID-19がもたらした新たな環境で、ワークプレイスへ戻るサポートとなる重要な集中ポイントを3つ特定しました。

従業員の幸福度 - 身体的かつ精神的な健康をサポートし、自信を構築、パフォーマンスを向上する

企業文化 - 従業員のパフォーマンスを促進し、空間を新たな方法で活用するために企業文化を理解、維持する

フロアプランを一変する - 施設ニーズ、密度、リスクを軽減しつつオープンな空間実現に対応する

フロアプランから作業ポイントまで

オーガニック・ワークプレイスはヘイワースの見解かつプロセスで、作業環境とその環境を人々がどのように利用するのかを理解するためのものです。グローバルな知識、ユニークなデザイン観点、製品に関する専門知識を最大限に活用し、ヘイワースはワークプレイスへの復帰を先導するとともに、従業員のニーズと空間のバランスを保つサポートとなるベストプラクティスの開発に取り組んできました。私たちはフロアプラン全体の観察から始め、交流、コラボレーションが行われている場所、個人の作業空間といったスペースへと移行します。

お問い合わせ

ヘイワースはスピーディかつ効率的に最低限の予算で
企業を前進させるサポートを行います。

お問い合わせください