私たちが開催したバーチャルサミットをチェックしてみませんか?

業界の専門家が幅広いテーマで講演を行った2日間のセッション。そのすべてが録画されており、オンデマンドでご視聴頂けます。

今すぐ視聴する

人は選択の余地があれば、一番居心地がよく効率的に作業できると感じる場所に引き寄せられるものです。なぜ人々はワークプレイスにいることに価値を感じるのでしょうか? コラボレーションし、創造、革新するため。社会とつながるため。パフォーマンスを最大限に発揮するためのチーム、ネットワーク、プロセスを活用するため。インスピレーションを得るため。ワークプレイスの目的は、仕事をしなければならない空間からよりドラマチックでより特別な空間へと変化し続けています。

どこでも仕事ができるエコシステム

仕事は複数の場所で行うことが多いものです。ワークプレイスの未来を考慮した時、その空間はオフィス、自宅、サードプレイスという3つの主要な物理的場所の間で仕事をバランスよく行う、統合されたエコシステムの中心にあります。

ホーム

パンデミック中に何か月間も自宅で隔離され、在宅ワークを経験してきた私たちは、今ではホームワークプレイスをよく知るようになりました。ホームオフィスは、集中して作業したり文書を読んだり、電話やバーチャルミーティングといったアクティビティをサポートするために進化し続けていくことでしょう。また企業がフレックスタイムを採用している場合、自宅はワークライフバランスの方程式の中で重要な役割を果たします。

オフィス

私たちがかつてオフィスとして認識していたものは、すでに社会的な文脈の中で、これまで以上に協力的な場所へと進化しています。それは、企業文化が埋め込まれ、育まれる場所の中心地でもあります。オフィスは、未来に向けて順応していくにつれてグループワークや相互交流の拠点へと変化し、個人が会議の準備をしたり会議後に考えを整理できる場所へと進化していくことでしょう。

サードプレイス

会社のオフィス、自宅に次ぐ第3の仕事場「サードプレイス」は、人々が必要に応じて同僚やパートナー、子供、ペットから離れて作業に集中できる新たな空間を求めるようになるにつれて、さらに重要な存在となっていくことでしょう。またサードプレイスは私たちの仕事に新たな可能性をもたらし、オフィスや自宅とは異なる環境で一時的に集中して仕事をしたり外出時の一時作業場所として活用したりできるようになりました。

ホーム

オフィス

サードプレイス