デジタルトランスフォーメーションとテクノロジーは将来の従業員、彼らの行動、そしてさらにはワークプレイスにいたるまで幅広く影響を与えます。今後大半の従業員が個々に独立した場所で勤務するようになり、どこからでも作業することができるという素晴らしい機会とそのリスクに私たちは直面することになるでしょう。

どこからでも仕事ができるとしたら、座る場所も自由に選ぶことができるでしょうか? ヘイワースが紹介するアクティブシーティングは椅子のための新しいカテゴリーであり、従業員がどこでも作業に集中できる環境を整えつつ、作業中に上質な快適さを感じることができるようしっかりと使う人をサポートするデザインです。3時間におよぶ会議や、2時間続く集中作業、または同僚とのちょっとした会話にいたるまで、その活用場面は様々です。

ヘイワースのアクティブシーティングは、どこでも快適な作業への集中と座り心地を実現します。

アクティビティベースの作業前提は、従業員が作業するタスク内容は多岐にわたるということと、こうした作業は異なる作業環境が提供されることによって最も促進されるということです。ワークプレイスデザインにこうした変化が起こっているにもかかわらず、大半の椅子類のオプションは従来のタスク、会議、ゲストへのアプローチを強いられたままとなっています。「アクティブシーティング」はこうした多様な用途や、一日を通して変化し得るユーザーの認識といった個々の境界線を簡単に越えることができるソリューションです。

アクティビティベースの作業

もっとお知りになりたいですか? アクティブシーティングを詳しく見る

もっとお知りになりたいですか? アクティブシーティングを詳しく見る

業界トップのシーティングポートフォリオとともにアクティブシーティングの概念を説明するインタラクティブプレゼンテーションをダウンロードしてご覧ください。

プレゼンテーションをダウンロードする