従業員がどのようにスペースを利用しているのか観察、調査するために、ヘイワースはセンサーパートナーと連携し全体的なソリューションを提供します。ピークタイム時のパターン、好まれるオフィス設定、高く評価されるオフィスリソースを把握しましょう。このデータはCREチーム、建築家、デザイナー、プランナーが現在と将来のワークプレイス環境の変化に向けて、十分な情報に基づいた判断を下すことを可能にします。

独自の洞察を得る

センサー式のタグ付け機能はデータの収集を可能にし、Work Sensorタイプ、フロア/建物上の位置、チームまたはビジネスユニットへの割当ごとに後から分析することが可能です。また、電源への近さ、日光へのアクセス、廊下、カフェテリアといったその他の環境要素に関する情報収集と分析も同時に行うことができます。この機能は調査報告時により深く有益なデータ理解を可能にします。