よくある質問CoDesigner

1. 全般

1.1 CoDesigner Cloudはどのテクノロジーをベースにしていますか?

CoDesignerはJavaScriptとWebGLをベースとしています。

1.2 CoDesigner Cloudにはどのブラウザを使用したら良いですか?

CoDesignerは現在、Safari、Mozilla Firefox、Google Chrome、最新のEdgeに対応しています。ブラウザは最新のものにアップデートし、JavaScriptとWebGLアプリケーションに対応可能である必要があります。

1.3 CoDesignerはEU一般データ保護規則(GDPR)に従ってプログラムされていますか?

CoDesignerとヘイワースエコシステム内のその他の製品は、すべてGDPR対応でGDPR.EUコンプライアンス概要のガイドラインに従っています。– https://gdpr.eu/checklist/

1.4 CoDesignerの代表的なユーザーは誰ですか?

CoDesigner(CoD)Cloudは大規模かつ複雑なフロアプランの設計に使用される2Dモデルアプリケーションです。このため、主に建築家やデザイナーの方に使用されています。しかし、プロジェクトの複雑さによっては、ファシリティマネージャーによる使用も可能です。

1.5 CoDesignerは異なる言語に対応していますか?

現在CoDesignerは英語のみの対応となっております。その他の言語は今後追加予定です。 

1.6 Revitファイルを統合することは可能ですか?

残念ながら現在Revitからの統合は不可能です。しかし、Revitを使用してDXFフロアプランの作成を行うことは可能です(Revit関連のハウツーガイドは近日公開予定)。私たちはRevit/IFCモデルの統合を最優先事項のひとつとして取り組んでおります。  

 

2. 設定

2.1 CoDesigner対応のファイル形式は何ですか?

2.2 最初のプロジェクト情報を設定するにはどうすればよいですか?

[設定 > プロジェクト情報]の順にクリックしてください。それから、プロジェクト名、クライアント名、プロジェクトマネージャー、EメールID、電話番号、プロジェクトタイプ、プロジェクトロケーションを入力します。内容を確定すると、プロジェクト名が右角に表示されるようになります。

2.3 CoDesigner内のプロジェクトクオリティーを確認するにはどうすれば良いですか?

プロジェクトのクオリティーはスクリーン右上に表示されているダッシュボードから確認することができます。全体クオリティー内に表示されているパーセンテージが高いほど、初期のユーザー要件と結果により近いことを意味しています。

2.4 CoD内のデフォルト測定単位は何ですか? 変更することは可能ですか?

デフォルト設定はメートル法です。メートル法から帝国単位系への換算オプションは近日公開予定です。

2.5 同じプロジェクトで異なるバリエーションを作成することは可能ですか?

右上にある[オプションオリジナル]付近のプラス記号(+)を使用すると、原型となるフロアプランから新たな追加バリエーションを作成することが可能です。この機能を使用するとレイアウトの代替デザインを作成し、元のデザインと代替デザインを自由に切り替えることが可能です(代替デザインはアクティブな.copファイル形式で保存されます)。作成したバリエーションの名前変更および削除は、プラス記号(+)の隣にある3つのドットをクリックして行います。

2.6 CoDesignerが従う特定の建築基準を設定することは可能ですか?

はい、可能です。建築基準は、[設定 > クリアランス&空間]から設定することが可能です。ここでは作業高さや歩行距離、隙間空間、正面、壁、廊下の幅といった軸や距離に関する基準を設定することができます。

2.7 企業データとは何ですか?

企業データとは、あなたがデザインしている空間を利用する労働人口に関する一連の情報のことを指します。これは主要部門、部門、チームの3つの階層に分類されています。従業員数、ワークプレイスの数、デスク共有率等の必須情報を入力する必要があります。3つの要素の内2つの情報が入力されれば、CoDesignerはフロアプランを作成することが可能です。

この情報はExcelシートからインポートボタンを使用してアップロードすることが可能です。その他の方法としてCoDesigner内で直接入力することもできます。

2.8 ジオロケーション、日光、北極といった要素はCoDesigner上でのプランニングに影響を与えますか?

現在のCoDesignerバージョンではユーザーロケーションを統合することはできません。

日光ヒートマップは窓や正面の位置のみを基準として生成されます。

ゾーンマーカーを追加して建物に東西南北を定義し、プランニング中にこのマーカーをアトラクターとして異なる部門に使用することができます。

 

3. 建物

3.1 軸/廊下は.dxfファイルがアップロードされた後に再定義することは可能ですか?

はい、可能です。[建物]をクリックして、軸を再定義したいフロアを選択してください。右クリックすると軸の削除/追加オプションが表示されます。

3.2 ひとつのプロジェクト内で複数のフロアと建物のプランニングをすることは可能ですか?

はい、可能です。ひとつのCoDesigner内に複数の建物とフロアを追加することができます。[建物]タブを使用してアップロードすることが可能です。建物内のフロア間の切り替えは[フロアプラン]ビュー内で行うことができます。

4. アプリケーション&パターン

4.1 CoDesignerのアプリケーションとは何ですか?

アプリケーションはワークプレイス内にあるミーティングルーム、プライベートオフィス、カフェテリア、ラウンジエリア、トレーニングルーム等異なるスペースの類型学を特定します。パターンとして認識されるオープンプランデスク(質問4.3を参照)を除くすべてのスペースがアプリケーションです。

アプリケーションは家具カタログやお客様が順守する必要のあるガイドライン、デザインコンセプトに従って作成することが可能です。

4.2 アプリケーションプロフィールは自分で自由に変更することが可能ですか?

はい、可能です。[フロアプラン]のタブから各部門を選択し、[アプリケーションプロフィール]をクリックしてご希望のゾーン(静か、普通、雑音が多い、カスタマイズ)を選択します。必要に応じて割り当てたアプリケーションの数を変更します。

4.3 ひとつのプロジェクト内で使用したアプリケーションを他のプロジェクト内で使用することは可能ですか?

はい、可能です。アプリケーションタブ内のエクスポートボタンを利用してアプリケーションライブラリをエクスポートし、エクスポートした.coaファイルを新しいプロジェクトにインポートすることができます。

4.4 CoDesignerのパターンとは何ですか?

パターンはオープンスペース内のワークステーションの設定のことを指します。そのスペースで実施されるアクティビティに応じて、異なるワークプレイスパターンを作成することが可能です。また、各チームが異なるアクティビティを実施している場合、それぞれのチームに対して異なるパターンを作成することもできます。

4.5 同じCoDフロアプラン内で異なるデスクパターンを使用することはできますか?

はい、可能です。同じフロアプラン内の異なる部門で異なるデスクパターンを採用、使用することができます。パターン内の設定をオンまたはオフにすることで、さらに多くのバリエーションを見ることができます(例:背面仕切り/前面仕切り)。

4.6 レイアウトスタイルとは何ですか?またどのように使用できますか?

主なレイアウトスタイルは2種類あり、単一廊下スタイルとセントラルゾーン(二重廊下)スタイルがあります。これは各部門に対してフロアプラン内のレイアウトを定義づけます。セントラルゾーンの幅や廊下のサイズを変更することによって、この2種類のレイアウトスタイルのバリエーションを作成することも可能です。

5. スタッキング

5.1 スタッキングとは何ですか?なぜ必要なのですか?

スタッキングは建物が従業員に適し、採用する必要のある基準に適したものであるかどうかを評価する際に特に役立つ機能です。

各部門をご希望のフロアにドラッグ&ドロップすると、CoDesignerはあなたの要望をもとにプランを作成します。このステップは建物内の各フロアを設定/設計するために必要なプロセスで、スキップすることはできません。

5.2 スタッキングはどのように利用できますか?

企業データをプロジェクトにアップロードすると、スタッキング内で異なるフロアに部門をスタック - 配置することができます。

部門をご希望のアクティブフロアへドラッグ&ドロップしてください。

フロアへ部門を移動、追加する場合にはドラッグ&ドロップを使用します。部門を削除する場合には削除したい部門をドラッグし、スクリーン上のグレー色の空白部分へと移動させます。

6. フロアプラン

6.1 フロアプランを作成する際、CoDesignerが使用するデザイン上の優先事項とはどのようなものですか?

フロアプランを作成する際、CoDesignerは企業データ要件に従ったパターンをまず製作します。その後、CoDesignerはアプリケーションを設置し、利用可能なスペースと要件に基づいたベストな組み合わせを作成します。

6.2 プロジェクトの設定が完了した後、どのようにしてCoDesignerはフロアプランを作成するのですか?

建物、フロア、企業データをアップロードし、スタッキングステップが完了したら、[フロアプラン]へと移行します。[最適化とCoDesigner]をクリックすると第一弾のフロアプランが生成されます。

最適化ボタンはスクリーンの右側、ヒートマップ下のサイドバー内にあります。

その後はフロアプラン内に変更を加える度にCoDesignerは自動的にフロアプランを作成します。

6.3 フロアプラン上で部門の場所を変える場合にはどうすれば良いですか? また、部門の位置を固定するにはどうすれば良いですか? 

家具が白のみで表示されるまで(黒の輪郭が見えなくなるまで)ズームアウトします。この状態までズームアウトすると部門の位置を変更することが可能です。

部門を右クリックして、ロックアイコンをクリックすることで特定の部門の場所を固定することができます。

7. エクスポート

7.1 CoDesignerからエクスポートできるファイル形式は何ですか?

*追加のプラグインが必要です。対応のため現在作業中です。