作業への集中を妨げる3つの要因

作業への集中を妨げる主な3つの要因は、注意散漫、干渉、中断です。これらは、周りの人々や周囲で行われている活動といった外的な影響力、空腹や疲労といった内的応力といった形で現れます。これらすべては、脳の作業への集中機能を阻害します。

集中するためのワークスプレイスデザイン

構築環境では、特定の活動が行われている場所をはっきりとさせることが不可欠です。私たちはこれを視認性と呼びます。そして、フロアプランのある特徴が視認性を高めます。集中力を要する作業が発生する場所を限定すると、視覚的、聴覚的に気を散らさず、雑音や中断に邪魔をされずに最大限の力を発揮することができます。

適切なソリューション

科学はすべての課題を解決するソリューションは存在しないことを証明しています。断熱的なフォーカスワークを含むワークプレイス戦略の構築は、人々が何を大切にしているかを理解することをから始まります。そして、全体像と様々なアクティビティエリア(静かな場所から活気のある場所まで)をフロア内で慎重に考慮します。

組織とチーム文化の影響

文化とは、価値観、前提条件、成果物からなる組織の性格のことです。組織が大切にしていることを空間が伝えることで、文化は空間デザインに具現化されています。

作業への集中を保護するワークプレイス戦略の確立は、文化から始まります。そして、それは文化機関、全体の建築構造、サポートテクノロジーがどのようにして互いに影響し合っているのかを明らかにして、取り組むことが含まれます。

  1. 企業文化
  2. 規範
  3. 分かりやすいスペース
  4. テクノロジー

ワークプレイスデザインの意味

私たちの音響調査に基づくと、企業とって雑音レベルは空間デザインにおいて最重要項目であることが分かっています。フロアプラン、周囲の特性、ワークプレイスの特徴は、特定の作業が行われる特定の場所を明らかにし、聴覚的、視覚的な阻害や干渉を効果的に管理する必要があります。全体像と様々なアクティビティエリア(静かな場所から活気のある場所まで)をフロア内で慎重に考慮します。

  1. 静かな空間 
  2. アクティブな空間
  3. ワークスタイル
  4. 割り当てられていないプライベートスペース
  5. 極秘のスピーチ
  6. 吸音性がある素材 
  7. 視覚的なバリア
  8. 視覚的な方向性
  9. ユーザーコントロール
  10. 休憩スペース

インタラクティブデザインガイドをダウンロードして、作業への集中を実現する空間設計のサポートとしてご活用ください。

インタラクティブデザインガイドをダウンロード

関連コンテンツ

作業への集中を向上する5つの方法

オフィスをリデザインすることなく作業への集中を向上する