一番最近行われたウェビナー

キャリアパスは忘れよう—April Rinneとキャリアポートフォリオをキュレートする

従来、プロフェッショナル開発はキャリア面での成功を目指して、決められたマイルストーンをひとつひとつ達成しながら進む、直線的な道のりだと考えられてきました。しかし今日の世界は流動的であり、こうしたキャリアパスから、キャリアポートフォリオのキュレートへと転換しつつあります。スピーカーとして高い評価を受け、アドバイザーでもあるApril Rinneが、この転換に備える方法と求められるスキルやマインドセットを語ります。長きにわたってポートフォリオを研究してきた者として、Aprilがキャリアポートフォリオの描き方をシェアし、ポートフォリオに秘められた可能性とそこから生み出される新しい機会に関する考察を提供します。

ウェビナーを見る

2020年10月〜12月

William Arruda氏が語る『仮想世界でのパーソナルブランドづくり』

強力なパーソナルブランドを持つことは、デジタルワールドにおいて極めて重要です。パーソナルブランディングのパイオニアであるWilliam Arrudaが、第一印象がオンラインに移行した経緯を解説し、「生身」のあなたを「ビットとバイト」のあなたへと変換させる際に使用可能なプロセスをシェアします。Williamはテクノロジーがどのようにして実際に人間以上の仕事をこなしてきたのか、そしてどのようにしてリアルかつ本物の関係性をオンラインで築くことができるのか、その方法を説明します。Williamのプレゼンテーションで、キャリアを向上させ、新しい仮想現実の中であなたのパーソナルブランドを強化するためにすぐに取り入れることができる3つのポイントを学ぶことができるでしょう。

ウェビナーを見る

2020年7月〜9月

在宅勤務を機能させるには:自宅における人間工学を見ていきましょう

現在起こっている不確実性の中で、私たちの多くはワークプレイスを自宅に移すよう求められています。これは仕事の規範の混乱を招きかねませんが、自宅での時間を職場と同じくらい生産的で前向きにする方法があります。 
このウェビナーでは、ヘイワースのシニア・コーポレート・人間工学専門家であるTeresa Bellingar博士が、人間工学の原則を自宅環境にどのように適用できるかについて説明します。

ウェビナーを見る

Adam Gazzaley博士と見る『テクノロジー+医療の未来』

私たちは、体験型医療の新時代を迎えようとしています。-認知治療として新技術と未来技術を活用するのです。博士号を持つ医学士のAdam Gazzaley氏が、ADHDの最初のFDA認可デジタル治療の開発と使用、および医療機器としてFDAが認可した最初のビデオゲームについて説明します。このプレゼンテーションでは、Gazzaley博士が、機械学習、仮想現実、生理学的録音、および非侵襲的な電気的脳刺激におけるイノベーションにより、認知機能を高めることを目的としたデジタル配信のインタラクティブな体験を共有しています。

ウェビナーを見る

Natalie Nixon氏が語る『あなたのビジネスに必要な4つのクリエイティブな飛躍』

不確かな時代にこそ活きるクリエイティビティ!本セッションでは、クリエイティビティを「問題解決のための悩みと苦悩」と「新しい価値」の間を切り替える能力として捉え、探求していきたいと思います。自らもクリエイティブ・ストラテジストであり、博士号を持つFigure 8 Thinkingの代表、Natalie Nixon氏が、適応可能なビジネスの構築の仕方、そしてクリエイティビティにおけるROIを紐解く術をシェアします。本ウェビナーを通して、この不確かな状況下においてさらにクリエイティブに、そして革新的になるための戦術を手に入れてください。

ウェビナーを見る

Kvadrat社:Anders Byriel氏とStine Find Osther氏による、テキスタイルデザインにおける『ピュアな表現』

世界で最も愛され、名高いテキスタイルメーカーのひとつであるKvadrat社の革新的なデザインの後ろに潜むストーリーを見ていきましょう。Kvadrat社のCEO、Anders Byriel氏と、デザイン部門のバイスプレジデントであるStine Find Osther氏が、同社のユニークなビジョン、そして色と素材の最新のトレンドにおける洞察をお話してくださいます。有益な情報とインスピレーションが詰まったこのプレゼンテーションでは、司会者の進行によるByriel氏とOsther氏によるQ&Aセッションも含まれています。

ウェビナーを見る

Patricia Urquiola x ヘイワースによるシーティングのラインナップ

私たちはPatricia Urquiolaとのコラボレーションにより、職場環境にさらに柔らかで温かみのある雰囲気をもたらすようなシーティングエレメントを開発してきました。彼女の作品は、遊び心があり詩的でありながらも実用的かつ機能的なことで広く知られています。彼女の作品の創造的な組み合わせは、まるで魔法のようです。Patricia Urquiolaのデザインによるシーティングのバラエティの数々を、バーチャル体験でお楽しみください。

ウェビナーを見る

Mapi Millet氏とのGAN対談

天然の繊維素材と伝統的な技術を用いてひとつひとつ手作業で作られるGANのラグとプーフは、GANの情熱や想いがインスピレーションの源です。このプレゼンテーションでは、GANのクリエイティブディレクターである、Mapi Millet氏が、ブランドストーリーを語ります。また、地元のアルチザンたちが、その技術をもって生計を立てながらも、次世代のために文化を保護してゆくことを助ける取り組みへの焦点についてもお話してくださいます。会社の歴史、ユニークなデザイン、新製品、そしてヘイワースとのパートナーシップについてご覧ください。

ウェビナーを見る

ヘイワース・バーチャルショールーム体験

都市によっては、今までのようにショールームでお客様をお迎えするのが難しい場合があります。デジタルが主流となりつつある未来。様々な体験はバーチャルに行われるようになりました。ヘイワースは、いつでも、そしてどのような場所にも、お客様にそのようなバーチャル体験をお届けしたいと考えています。デザイン部門部長のLizと、ヘイワースコレクション・ポートフォリオマネージャーのAlexが、あなただけのためにお作りした仮想空間での旅路にお連れします。

ウェビナーを見る

April Rinne氏と学ぶ『絶え間ない変化のなかで繁栄するには』

変化の速度がこれほどまでに速かったことはないでしょう。新型コロナウイルスによるパンデミックが、変化を驚異的に促進させました。流動的な世界に生きる私たち。この新しい世界では、プライベートでも仕事でも繁栄していくために新しい規律が必要です。 間もなく出版予定の『Flux Mindset』の著者:絶え間ない変化の中で繁栄していくための規律、4月は、生活し、仕事をし、より良い方向へと進んでいくための8つの規律を「Flux Mindset」よりご紹介していきます。 

ウェビナーを見る

ヘイワースコレクション

ヘイワースコレクションは、人々に語りかけるような強い印象を与えるものや、社会的空間を作りだすことに注力しています。人々がどのように感じ、交流するかだけではなく、あなたのブランドをどのように想起するか、ということにも影響を与えます。私たちと一緒にラインナップを見ながら、ヘイワースコレクションがお客様の空間に何をもたらせるのか、見ていきましょう。

ウェビナーを見る

屋外空間をデザインする 家具の素材と構造

昨今においては、屋外で仕事をするということが自然と話題に上るようになりました。インスピレーションを与えてくれる屋外空間における刺激的な環境は、ワークスペースのデザインのテーマのひとつです。JANUS et Cie社の設立者兼CEOのJanice Feldman氏が、屋外のための家具作りにおける考察を素材から構造まで幅広くお話ししてくださいます。

ウェビナーを見る

2020年4月〜6月

David Zweig氏と考える『人生がスクリーンを通した体験になる時、『リアル』とは何を意味するのか?』

パンデミック、そしてそれに伴う自粛要請が起こる前からすでに、パソコンやスマートフォンのスクリーンへの依存、そしてオンラインの世界における悪影響に関して活発な議論が行われてきました。しかしながら、より大きく、より実存的な影響についての認識はほとんどありません。面白い逸話と学術的な理論を織り交ぜながら、David Zweig氏はオンラインであることについての考え方を変え、現実と同等だと考えられているイメージについての思い込みに異議を唱えます。

ウェビナーを見る

新しいワークプレイスソリューションとホスピタリティ

卓越したイタリアデザインにおけるアイコンでありアンバサダー、Giulio Cappellini氏が、新型コロナウイルスの前後におけるワークプレイスとホスピタリティに関する分析を語ります。この洞察を通じ、私たちは新しい家具とライティングシステムにおけるCappellini氏のビジョンを学ぶこととなるでしょう。業界屈指のトレンドセッターのひとりである同氏から、色と表面における新しいトレンドについてうかがえることを楽しみにしています。

ウェビナーを見る

パブロ・デザイン社の紹介

陽の光が入るワークプレイスであったとしても、良い照明システムを持つことは非常に大切です。照明を適切に選択することで、空間の美的側面、ムード、雰囲気だけでなく、私たちの健康を向上させることができます。</p> <p>パブロ・デザイン社で最もよく知られている製品ラインナップとヘイワースでの今後のラインナップを紹介してくれるのは、パブロ・デザイン社のグローバルセールス&マーケティングディレクターであるClifton Johnson氏です。<

ウェビナーを見る

クリエイティブな考え方:Jeff DeGraff氏による『イノベーションを促進する6つのスキルの習得』

革新的なデザインに必要な個人のクリエイティビティは、選ばれた少数の人々のものではありません-これは、習得可能なのです。莫大な未開発のリソースが存在しており、それは私たち全員が利用できるのです。イノベーションにおける匠とも言えるJeff DeGraff氏が、世界で最も革新的な企業のいくつかで使用されている6つの重要なクリエイティブ・シンキング・スキルおよびステップをご紹介します。集中し、複製し、発展させ、関連付け、落とし込み、評価(作成)します。そして、誰もがそれらを利用できる方法を説明します。

ウェビナーを見る

Alexis Putmanが語る『デジタル・ニットと表面素材におけるトレンド』

ヘイワースの色、素材、そしてフィニッシュのデザインを担当しているAlexis Putmanが、テキスタイルにおけるデジタル・ニットの斬新で予想外の使い方をご説明します。ヘイワースのデジタル・ニットが表面素材をどのように包み込み、オフィスインテリアのためのユニークなデザインの可能性を生み出しているのか、見ていきましょう。時代の先を行くこの興味深いプレゼンテーションには、司会者による進行のAlexisとのQ&Aセッションが含まれています。

ウェビナーを見る

Anders Byriel氏と見る『Kvadrat における革新的デザイン』

グローバルなテキスタイルメーカーの革新的なデザインの背後にあるストーリーをご覧ください。KvadratのCEOであるAnders Byriel氏が、同社の独自の視点と、ヘイワースとの継続的なパートナーシップについて説明します。有益な情報とインスピレーションが詰まったこのプレゼンテーションは、司会者の進行によるAnders氏によるQ&Aセッションも含まれています。 

ウェビナーを見る

Patricia Urquiolaと見る『ヘイワースのバーチャルショールームにおけるインスピレーション』

世界的に有名な建築家兼デザイナーのPatricia Urquiolaがシェアしてくれるのは、ヘイワースのバーチャル『NeoCon』ショールームにおける彼女のインスピレーション。ここは、能力の高いチームがコラボレーションをし、創造、革新を行う空間を強調する場所です。洞察に溢れたプレゼンテーションには、司会者による進行のPatriciaとのQ&Aセッションが含まれています

ウェビナーを見る

Luc Kamperman氏とJulian Chender氏による『ニューノーマル(新しい生活様式)の時代のためのワークプレイスの俊敏性』

新型コロナウイルスは、私たちの仕事とワークプレイスとの関わり方を根本から変えてしまいました。今や組織は、文化、テクノロジー、および物理的空間の設計において、柔軟性と適応性を意識する必要があります。このセッションにおいて、Luc氏とJulian氏は活動に基づく思考を通しての組織の俊敏性について探求します。つまり、個人および組織の生活について、実行される活動の集合体として検証していくのです。

ウェビナーを見る

Brunner:デザインのグリーン化

自然の中に身をおくことにメリットがあることは、私たちも分かっています。しかし、実際にはほとんどの時間をワークスペースで過ごすという現実において、どうすればより自然の中で過ごすことができるのでしょうか? このウェビナーでは、BrunnerのElke RenkとPara VertのデザイナーであるTilla Goldbergが、その方法について私たちと共有し、緑豊かな葉を組み込む方法に関する新しいアイデアを植え付け、どこにでも柔軟に実装できるようにします。

ウェビナーを見る

Lauren Rottet氏が語る『今後10年における社会化』

社会が強迫観念のように『一体感』を切望し始めたちょうどその時、私たちは突然それを止められ、人間同士の接触を避けるよう伝えられたのです。権威ある賞を受賞している建築家/デザイナーのLauren Rottet氏は、このパラドックスで世界がどのように進化しているのかを説明してくれます。まずは短期間における進化を、そして、長い時間をかけての進化について語ってくださいます。Rottet氏は、ホスピタリティとソーシャルスペースの未来における彼女の視点をシェアしてくれました。彼女のユニークな背景が、どのように自身のデザイン哲学に影響をもたらしたのかを見ていきましょう。

ウェビナーを見る

『仕事への復帰-中国と香港からの視点』

中国と北アジア地域では1月からの制限が解除されつつあり、企業は徐々に従業員の職場復帰を許可しています。中国、そして香港の従業員たちは、職場復帰をどのように感じているのでしょうか? このウェビナーでは、新しい仕事の仕方について説明すると共に、特定の業界におけるキープレイヤーたちが「コロナ後」に対してどのように適応しているか、および彼らの職場が現在どのようになっているのかについて、市場洞察をお届けしていきます。中国と香港の視点からの「ニューノーマル(新しい生活様式)」を一緒に見ていきましょう。

ウェビナーを見る

アクティブシーティング

柔軟な仕事の仕方により、割り当てられていないワークスペースの数と種類が増え、ワークスペースの設計がさらに複雑になりました。未来に向けて構築された家具デザインの革新である、アクティブシーティングを探索していきましょう。

ウェビナーを見る

Barry Schwartz氏による『新型コロナウイルス後の心理的、文化的将来像』

世界規模で、消費者の集団が「選択の文化」を予測するように訓練され、そして一夜でほぼすべてが無くなってしまった場合、何が起こるでしょうか? 今起こっている危機は、人々にどの選択が本当に意味を持つのかを思い出させてくれます。しかし、構造化されていない時間とインターネット上における無限の気分転換や娯楽は、事態をさらに悪化させる可能性があります。活動の制限が解除された後、人々がかつての状態に戻らないようにするためには、何が必要なのでしょうか?

ウェビナーを見る

ヘイワースコレクション

ビジネスの世界にはたくさんの「雑音」がありますが、最高のスペースはそれをすべて遮断し、有意義な何かを発信することができます。このウェビナーでは、ヘイワースコレクション・ポートフォリオマネージャーであるAlex Przybylaがコレクションを紹介するとともに、コレクションがいかにして印象的で影響力のあるソーシャルスペースを生み出すのか、を説明しています。

ウェビナーを見る

ヘイワース Sakuru

従来の枠にとらわれず、Sakuruはテーブルに無限のワークセッティングをもたらします。設計チームがこのコンセプトをどのようにして実現したかについて、詳しく見ていきましょう。

ウェビナーを見る

分析

ユーザーの行動に関する貴重な洞察は、私たちがスペースをどのように、そしてどのような理由で使用しているのかにあります。ワークスペースにおけるストラテジスト、Mathew Toniolo氏が、ヘイワース・アナリティクスがどのようにデータベースの設計をサポートするのかをお話しいたします。

ウェビナーを見る

Pam McNally氏による『混乱を受け入れる心構え』

私たちが予測した仮想の未来は、急速にニューノーマル(新しい生活様式)になりつつあり、私たちの毎日の生活を変えています-今ではなおさらです。新しいテクノロジーとデジタルプラットフォームは常に台頭し、急速に採用されており、それによって私たちは岐路に立たされています。ここに世代交代と新しい視点を加味すると、どの方向を向くべきなのか判断が難しい状況です。SANDOW社およびInterior Design Media社のデジタル担当エグゼクティブ・バイスプレジデントであるPam McNally氏が、この勇敢な新しい世界、進化するクライアントの期待と技術トレンド、そしてそれらがもたらす意味合いについてお話し下さいます。

ウェビナーを見る

ワークプレイスの音響

音響がワークプレイスをどのように向上し得るのかについて、一緒に議論をしていきましょう。テクノロジーによって、人々はほぼあらゆる場所で作業ができる環境を維持しています。しかし、それによって人々がつながる必要性が減ることはありませんでした。イノベーションを促進するために、従業員の77%は、集中しなければいけない状況で静かな環境を好みます。それは、69%の従業員が今までのワークプレイスでの騒音レベルに不満を持っていたことを意味します。

ウェビナーを見る

Allan Hamilton博士による『COVID-19危機の中で脳はなぜ働かなくなるのか』

人間の脳は、計画、リスク評価、および戦略の実行において驚異的な能力を持っています。しかし、私たちが予想していなかったような状況に出くわした場合、どうなるでしょうか? ハーバード大学にて学んだ脳神経外科医のAllan Hamilton博士は、危機の最中におかれた場合、感情的な反応が論理的思考をどのように、そしてなぜ追い抜く傾向にあるのかを説明します。脳が論理を無視し、より原始的な感情的反応に訴えるという状況を認識すること、そして克服する術を学んでいきましょう。

ウェビナーを見る

Patricia Urquiola氏の紹介 仮想世界におけるデザイン

建築家/デザイナーのPatricia Urquiola氏が、革新性とデザイン、そして職人の技と品質のバランスを取りながら仮想プロジェクトチームを活用して作品を制作する様子をご覧ください。

ウェビナーを見る

CoDesignerのご紹介

組織の変更は、フロアプランの変更を意味します。在宅勤務の増加、人数の変更とレイアウトの調整。あらゆるパラメータを十分に検討して準備する必要があります。CoDesignerを使用すれば、オフィススペースにおける複数のシナリオを、わずか数分で複製することができます。先を見越して、危機の後のワークスペースを準備する機会をご提供します。

ウェビナーを見る

Greg Hicks氏による『新型コロナウイルス時代における回復力』

70ヶ国における調査に基づいて、Greg Hicks氏は、パンデミックに耐えるために採用できる9つの実用的でシンプルな行動のシステムを共有しています。私たち一人ひとりに組み込まれているこれらの行動は、回復力、革新性、および人間同士のつながり(リモートであっても)が最も効果的に行われる脳の部分を活用するのに役立ちます。アプライド・ブリリアンス・カンファレンスで人気の高い講演者であるHicks氏は、前例のない時代の中で、自分の成長と幸福のために前向きな機会を見つけて対処するためのお手伝いをいたします。

ウェビナーを見る

FRAMERY: 思考に最適なフレーム:幸せへの道

ウェビナーシリーズ「思考に最適なフレーム:幸せへの道」にご参加ください。FrameryのAPACセールスディレクターであるTuukka Oksala氏がこの旅をご案内します。

ウェビナーを見る

Andy Watson氏が語るBoss Design

このウェビナーをお届けするのは、BossDesginのAndy Watson氏です。ヘイワースのポートフォリオのBoss Designシリーズから、あなたのいつものスペースを並外れたものに変える方法についてのアイデアを教えてくれます。

ウェビナーを見る

Jeff DeGraff氏による『新しい仕事の世界』

私たちの未来は、今までとはまったく違ったものになります-それが意味することとは? 私たちが今できることは何か? ミシガン大学のJeff DeGraff教授が、クリエイティブな思考を使ってこれらの質問に答え、現在起こっている不調和や異常、および対処可能な新たな機会を特定していきます。「イノベーションのディーン(学部長)」と呼ばれる同氏は、過去30年間で最も重要ないくつかのイノベーションの最前線に立っており、何百ものFortune 500企業に、従来の枠を越えたアドバイスを提供しています。

ウェビナーを見る

2020年1月〜3月

Marci Rossell博士による『経済学的考察』

私たちの多くは、アメリカが、そして世界がコロナウイルスの引き起こす不景気に引きずり込まれている、と恐怖を抱いています。しかし、経済専門家のMarci Rossell博士は、今回の金融危機と以前の景気後退の間にはいくつかの重要な違いがあると言います。これは、より早い財政回復を示唆しているのかもしれません。新型コロナウイルスによるパンデミックが私たちの経済に及ぼす影響について、彼女の考えをうかがいます。

ウェビナーを見る