一番最近行われたウェビナー

2021年4月~6月

サステナビリティのためのデザイン:オセアニック・テキスタイル- Alexis Putman氏

プラスチックは世界中の数十億人の生活に溶け込んでいますが、その代償はどのようなものでしょうか。長い年月をかけて、プラスチック廃棄物は埋立地や海に蓄積され、さまざまに絡み合った生態系に大打撃を与えています。廃棄物をアップサイクルする方法を見つけることで、廃棄プラスチックは、環境に有害なものから新たな別の有用な製品へと生まれ変わることができます。ヘイワースの長年のパートナーであり、先進的な視点を持つカミラ・ファブリックス社は、海洋廃棄物から作られたリサイクル糸の最新製品「オセアニック」を発表しました。 SEAQUALイニシアチブにより、海洋ゴミは「アップサイクル・マリン・プラスチック」と呼ばれる新しいタイプの原料に生まれ変わり、SEAQUAL® YARNへと姿を変え、さまざまな用途でのテキスタイル使用の可能性をもたらします。

ウェビナーを見る

オフィスの未来 - Marta Wassenaar氏

2020年を乗り越えた私たちは今、仕事の世界が変化したことを理解しています。新たな現実に導かれて、社会的な変化に基づいた未来のオフィスが思い描かれます。このような仕事の進化に適応するためには、3つの重要な要素がワークプレイスに影響を与えるでしょう。それは、人や情報へのアクセス、私たちの仕事上の行動、そして人々のニーズをサポートするスペースです。私たちの多くにとって、タスクやアクティビティより、それがどこでどのように行われるかが重要です。ヘイワースの「場所を問わない仕事の仕方」というアプローチは、進化する職場環境に対応するエコシステムとソリューションを提案しています。未来のオフィスは、このエコシステムのハブとなることでしょう。このプレゼンテーションでは、基本的なテーマをいくつかと、それをサポートするためにオフィスのワークプレイスがどう進化していくかをご紹介します。 

ウェビナーを見る

ホスピタリティの重要性:新しいヘイワース・ホテル - Patricia Urquiola氏

優れたホスピタリティの秘訣とは何でしょうか。それは、ニーズや習慣、つまり私たちがどのように動き、どのように進化していくかを理解することです。良いデザインは、余暇や職場など、状況に応じて変化する人々の習慣を捉えることができます。 Patricia Urquiola氏が各国を旅して受けた影響を活かし、グローバルな視点でデザインした新しいヘイワース・ホテルは、魅力的なダウンタウンにある大学のキャンパス内に位置しています。このホテルは、ヘイワースのお客様に特別なホスピタリティを提供し、ゲスト、学生、コミュニティの人々に、働き、出会い、リラックスし、また回復するためのスペースを提供します。

ウェビナーを見る

場所を問わない仕事のしかた - バーチャルサミット

バーチャルサミットを見逃された方にご案内します。
業界のエキスパートの方々に幅広いテーマにわたってお話いただいた2日間のセッション。すべての録画をオンデマンドでご覧いただけます。

今すぐ見る

アメリカンマインド(アメリカ的民主主義)による甘やかし - Jonathan Haidt氏

2018年頃、Z世代が卒業して実社会に参入し始めた時、アメリカの一流リベラル・アーツ・カレッジ(教養大学)から社員を採用した業界、特にジャーナリズム、メディア、芸術、非営利団体/組合、テクノロジーなどの分野で、再びこのダイナミクスが生じ始めました。
世代間の隔たりを埋め、Z世代の成功を支援する方法について、Jonathan Haidt氏が議論を展開します。詳細はヘイワースイベントでご確認ください。

ウェビナーを見る

2021年1月~3月

テクノロジーがもたらす思わぬ影響 - Tracy Kosa博士

テクノロジーとは中立的なものであると言う人もいますが、実際はそうではありません。あらゆるテクノロジーが、ユーザーがプライバシーを放棄することを要求する一方で、私たちがオンラインで自分のすべてをさらけ出すとき、実際には誰が利益を得ているのでしょうか? プライバシーの擁護者にして実践者、そして研究者でもあるTracy Kosa博士が、テクノロジーの大きな可能性がもたらす予期せぬ影響について解説します。

ウェビナーを見る

Pergolaのデザイン設計 - Patricia UrquiolaとNathan Shedd

世界的に有名な建築家でありデザイナーのPatricia Urquiolaと、ヘイワースの製品デザインマネージャーであるNathan Sheddの興味深い対談をお送りします。お二人が、新しいワークスタイルをサポートするためにデザインされたフリースタンディングの建築的ワークプレイス「Pergola」の研究、発見、そしてインスピレーションについて語り合います。ヘイワースのグローバルブランドディレクターであるKurt Vander Schuurが進行役を務めるこの特別なイベントでは、Pergolaのすべてをご紹介し、この高性能なデザインが人々のコラボレーション、つながり、創造、イノベーションを促進する空間をどのように作り出すかをご案内していきます。 

ウェビナーを見る

未知の世界でのリーダーシップ、マネジメント、生産性の維持 - Cheryl Durst

人との直接のつながりを待ち望みながらも、快適な自宅、デリバリーされる食事、ヨガパンツを一日中履いて過ごせるという何とも言えない喜びをまだ諦めることができない人々のために、どのような空間をデザインすることができるでしょうか?

ヘイワースイベントで、予測不可能な未来の空間デザインについて一緒に考えてみませんか。コロナウイルスに対するワクチンの登場により、私たちの新しい日常は終息しつつありますが、同時に私たちはこれまでの常識と次の常識の狭間にいるのです。この中間段階は、生産性や文化、そしてデザインにどのような意味を持つのでしょうか。エグゼクティブ バイスプレジデント兼インテリアデザインアソシエーションのCEOであるCheryl Durstが、これらの点に関する彼女の考察を語ります。

講演者:Cheryl Durst

ウェビナーを見る

機関が破綻した時、私たちはどうすれば良いのか - Ethan Zuckerman氏

新型コロナウイルス(COVID-19)は多くの事柄に対して変化のきっかけとなりました。制度主義、反乱主義、そして復興主義の台頭は、危機的状況に対する3つの異なる反応です。米国機関が破綻するにつれ、不信と疑念の高まりを私たちは感じ続けています。これは何を意味し、そして私たちはこの状況からどのように進んだらいいのでしょうか?

公共政策、情報、コミュニケーションの准教授であるEthan Zuckerman氏は近い将来、大規模な変革と伝統的制度の置き換えの必要性を目の当たりにする可能性が高い理由を明確に説明してくださっています。詳細はヘイワースイベントでご確認ください。 

講演者:Ethan Zuckerman

ウェビナーを見る

逆境における回復力、希望、成長 - Rachel Druckenmiller

人生の逆境に立ち向かうことは人間であるということです。私たちは自分自身が認識するよりもはるかに大きな回復力を持ち合わせています。基調演説者兼ファシリテーター(進行役)であるRachel Druckenmiller氏が、逆境に意義を見いだし、困難の中で成長機会を見つけ、希望、強さ、コミュニティとつながることで過酷な時代を乗り切る方法を発見するための手助けをしてくださっています。詳細はヘイワースイベントでご確認ください。自分自身をどう主張するか、自分に何が必要なのか、そして自信を持ちマインドフルな状態でストレスと不安定な状況に対応する方法を学びましょう。 

Rachel Druckenmiller氏の詳細はこちら: unmutedlife.com

ウェビナーを見る

Jordan Friedman氏が率いる2021年以降のベスト・ストレスバスター

今この時代、ストレスや不安を和らげるツールを多くの人が活用しています。新型コロナウイルスのパンデミックは、今日の私たちの生活や働き方に依然として影響を与えていますが、ストレスを軽減し、今年を実りある年にするための実証済みの有効な方法があります。

当プレゼンテーションでは、ストレスと不安の軽減教育のパイオニアであり、コロンビア大学の健康教育プログラムの元ディレクターであるJordan Friedman氏が2021年のストレス管理計画の重要なトピックを提供して下さいます。

Jordan氏は当セッションでも提供していただく高い支持率を誇る「Quick Calm(速攻沈静)」テクニックをはじめとする、各人が抱えるストレスの原因に関わらず具体的でデータ駆動型を特徴とした、効果的な戦略指導を専門としています。

ウェビナーを見る

アメリカンマインド(アメリカ的民主主義)による甘やかし - Jonathan Haidt氏

2018年頃、Z世代が卒業して実社会に参入し始めた時、アメリカの一流リベラル・アーツ・カレッジ(教養大学)から社員を採用した業界、特にジャーナリズム、メディア、芸術、非営利団体/組合、テクノロジーなどの分野で、再びこのダイナミクスが生じ始めました。
世代間の隔たりを埋め、Z世代の成功を支援する方法について、Jonathan Haidt氏が議論を展開します。詳細はヘイワースイベントでご確認ください。

ウェビナーを見る