インフォグラフィック:仕事のとき、いかに最小限の干渉の中で最大限業績を実現するのか。

仕事の中断はよくあることである。企業は従業員をサポートし、調節可能の椅子を提供し、その思考の柔軟性を高めさせることができる。妨害が生じたとき、仕事内容を踏まえてイスを調節すると従業員の座る姿勢にとっては便利で、より集中力を高めることができる。それによって仕事の効率が高まり、従業員にとっても企業にとっても成長できる。

白書について